So-net無料ブログ作成

落柿舎 [お寺]

101206_1.JPG

「柿主や梢はちかきあらし山」 向井去来
ここを訪れるなら柿のなっている秋がいい

ここは、松尾芭蕉の弟子「向井去来」が、閑居生活を送った嵯峨の「落柿舎」です。

101206_2.JPG

「落柿舎(らくししゃ)」という名前は、商人が庭の40本の柿の買い
入れを決めて代金を置いて帰ったけれど、その夜の嵐で柿の実が
全て落ちてしまったことから生まれました。

101206_3.JPG

只今、庵主は在庵のようですね。
ここに蓑笠がかけてあったら在庵、なければ外出中のしるし。
今では落柿舎の象徴として、常にかけられています。

101206_4.JPG


101206_5.JPG


この縁側に座ってぼんやり空でも見ていたら、素敵な言葉が見つかるのかな。


101206_6.JPG


101206_7.JPG


言葉選びって、難しいですね。


キーボードで文字を打つようになっても、「筆が進まない」ってのは当てはまるのかな。
最近その進まない状態です。コメントの返事が遅れ気味・・・。

nice!(28)  コメント(18) 
共通テーマ:地域

nice! 28

コメント 18

gwan3

筆が進まない・・・私の場合はいつもです^^;
エンピツ(キーボード)をナメているだけで、時間が過ぎて行きます。
いまだに小学生みたいです。
by gwan3 (2010-12-07 11:40) 

ミソ

「一句ひねって」の文字が、何か本当にヒネりそうでいいですね・・・w
時代が進んでも、残る言い回しと、廃れる言い回しがありますね。「チャンネルを回す」など残ってるようで・・・最近は廃れ気味ですかねえ。筆でなくなってから随分経つのに、「筆が・・・」と言うのですから、キーボード相手に使っても良いんじゃないでしょうか(´∀`)
by ミソ (2010-12-07 15:47) 

☆はな

>筆が進まない・・・私の場合はいつもです^^;
gwan3 さんにも 同感です。
12月は特に いろいろやるべきことが 多いのに
進めないことが 多くなります ▼ο▼‘‘
by ☆はな (2010-12-08 11:36) 

perseus

おはようございます。
祖父のお墓が天龍寺にあるので、嵐山・嵯峨野周辺の賑やかな所へは
よく行ってますが、そこから先へはあまり行ったことがないですね。
それにしても、一歩奥へ入るとものすごく落ち着きのある雰囲気ですね。
「落柿舎」へは訪れてみたいものです。
縁側に座りつつ、辺りを色々と見回しながら、言葉を探す時間って
ものすごく贅沢です。「一句ひねって」というのは、ゆっくりと雰囲気を
楽しんでくださいね。といった心使いでしょうか。。。
ちょいと一句、「そろそろと 秋のお帰り 冷え草履」 お粗末さまでした^^;
by perseus (2010-12-08 11:56) 

marzo-allee

こんばんわ♪

ボキャブラリの乏しい。。。。
かーちゃんには。。。。
一句てのは「難題」です。
でも
「一句ひねって」と書いてあると
何か考えて、入れてみたくなりますね♪

てらてら殿はチャレンジされて来られたのですか?




by marzo-allee (2010-12-09 01:21) 

yuzuhane

筆が進まない気分のときはその気分に任せて・・・ゆっくりと・・・。
日向の縁側がそう言ってるみたいです。
by yuzuhane (2010-12-09 09:48) 

てらてら

gwan3さんへ
gwan3さんでも筆が進まないなら、安心して筆を置いてしまおうかしら。
考えれば、考えるほど、言葉って出ないものですね。
gwan3さんのコメントを、他の方のブログで時々見ますけど
他の人と少し視点が違うというか、言葉の遣い方が和らかで、
素敵だな~って見てるんですよ。うふっ。
by てらてら (2010-12-11 00:31) 

てらてら

ミソさんへ
この場で一句ひねれるぐらいのレベルになりたいな~。
だらだらと長い文章で説明するのは、意外と簡単だけど
俳句のように、5・7・5で気持ちをまとめるなんて、難しいわ!
そうやね~。「チャンネル回す」も未だに通じるもんね。
それじゃ~、私は「筆不精です」ってのもいけるね。
by てらてら (2010-12-11 00:43) 

てらてら

☆はなさんへ
たしかに12月って、なんだかんだ忙しいね。
年のはじめって、スタートしたばかりの勢いがあるけど
年末って、なんだか「ま~いいか~」みたいな感じにもなってしまう。
ブログはじめて、もうすぐ一年だし、だれちゃったのかな~。
by てらてら (2010-12-11 01:11) 

viognier

これまた素敵なところですね。
枝に残った柿に秋の終わりを感じます。
by viognier (2010-12-12 02:22) 

てらてら

perseusさんへ
前記事の祇王寺も、この落柿舎も、天龍寺の奥の
竹林を抜けた所に在ります。秘境に見えるかもしれませんが
お店も沢山並んでいて、ここまで駅から徒歩で行くのに
遠さを感じませんよ。京都初心者なら、駅前の賑やかな所が
楽しいかもしれませんが、歴史好きなperseusさんなら
奥嵯峨も楽しめると思います。
一句ひねっていただき、ありがとうございます。
575に晩秋を感じますね。
by てらてら (2010-12-12 20:35) 

てらてら

marzo-alleeさんへ
てらてらも、ボキャブラリーに乏しいよ~。
国語の成績は、イ・マ・イ・チ。。。。。
というか、写真好きなのは、言葉選びが苦手だからかも。

この落柿舎には、何度も行ったことあるけど
一度もひねったことありません(/ω\)
by てらてら (2010-12-12 21:00) 

みけ

落柿舎は外から眺めるだけで一度も中に入ったことがないです。
縁側にネコちゃんがいてほしいかも^^*
言葉って難しいけど素敵ですよネ♪
by みけ (2010-12-12 22:11) 

てらてら

yuzuhaneさんへ
素敵な言葉をありがとう。
ブログの記事書かなきゃとか、お返事書かなきゃって
焦ると負担になってしまいますよね。
これ以上ゆっくりペースでやると、忘れられそうなので^^;
気を抜いてやります( ´∀`)b
by てらてら (2010-12-12 23:12) 

てらてら

viognierさんへ
ほんと。少なくなった柿の実が
「もう冬だよ~」って言っているみたいですね。
もう少したつと、熟して実が落ちるので
柿の木の下を歩くときは、気をつけないといけません。
by てらてら (2010-12-12 23:52) 

てらてら

みけさんへ
落柿舎は、目の前の畑ごしの風景が
一番いい風景かもしれないよ。
中は、かなりこじんまりしています。
たしかに、縁側といえば猫ですね。

最近はブログネタの文章に、いつも頭をかかえています。
ま~、ゆっくりマイペースでやればいいですよね。
by てらてら (2010-12-12 23:57) 

Ted

筆が進まないというより、頭がまわっていないです(笑)
いつも素敵な写真で、楽しみにしてます!
by Ted (2010-12-14 19:38) 

てらてら

Tedさんへ
いつもありがとう。
う~ん。たしかに!頭がまわらないし、怠け気味です(笑)
>いつも素敵な写真で
えへっ。照れます。
by てらてら (2010-12-18 02:22) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。